薄毛は薬で治療できます

2人の男性

男性特有の薄毛症状です

少しずつ生え際が後退してきたり以前よりも髪の毛が細く感じるようになったらAGAの可能性があります。男性型脱毛症のことをAGAと称します。AGAになるタイミングは人それぞれですが、場合によっては10代や20代といった若年層から進行することもあります。症状は進行性で年齢を重ねるごとに髪の毛が薄くなるのが特徴です。AGAの原因は現在の医学でもはっきりとは特定できていませんが遺伝的素因や男性ホルモンの影響が大きいことが分かっています。遺伝的素因では母方の影響が強いことが分かっており母方の祖父が薄毛だった場合には同じように薄毛になる可能性があると言われています。また、男性ホルモンが、髪の生育を阻害する物質へと変異することで、AGAの進行はとても早くなります。AGAの治療には、男性ホルモンが生育阻害物質に変異しないようにコントロールが必要ですが、それはとても難しいことでした。AGAの原因は、遺伝的素因や過剰な男性ホルモンの影響などが複雑に絡み合うことから、以前までは治療の方法もなく、諦めるしかありませんでした。

皮膚科で相談しましょう

AGAは以前まで治療方法が無いと考えられてきましたが最近の研究では薬で治療できることが分かってきました。AGAの治療には主にフィナステリドと呼ばれる薬を使用して行います。フィナステリドは、男性ホルモンの変異を防ぎ、髪の健全な成長を促す効果があります。そのため髪が細くなったり簡単に抜け落ちることが少なくなり薄毛症状を改善することができるのです。フィナステリドの治療効果は非常に高く大阪でも評判となっています。とくに初期のAGA治療は薄毛改善に効果的なことから大阪の皮膚科では早期の受診を呼び掛けています。大阪で薄毛の症状で悩んでいる方は大阪にある皮膚科でまずはAGA治療に関する相談を行ってみてはいかがでしょうか。